警視庁警察官(一類)教養試験対策講座(論文添削・模擬面接講座を含む)

警視庁警察官(一類)教養試験対策講座(論文添削・模擬面接講座を含む)

Facebook
https://www.facebook.com/nihonkoho/

Twitter
https://www.twitter.com/nihonkoho/

毎回満員御礼!!
【泣く子も黙る模擬面接講座】
で知られる日本公法がついに教養試験対策に乗り出します!
・警視庁対策限定
・少人数制
・過去問対策メイン
・論文添削、模擬面接講座を含みます

 教養試験を合格レベルまで到達させるにはそれ相当の期間を要するのが通常です。
 日本公法が、これまで面接試験対策、論文試験対策に絞ってきたのはそれが最大の理由です。

 受講した方ならおわかりだと思いますが、【日本公法の模擬面接講座】は、多数の受験生を、たった1日で、「確実に不合格レベル」から「最終合格レベル」まで成長させてきました。
 また、【日本公法の論文添削サービス】も数回の添削で飛躍的なレベルアップを実現してきました。

 ご存知のように、警視庁の教養試験は出題が非常に広範囲にわたっているのが特徴です。大手予備校では、その広範囲をすべて網羅するようなカリキュラムを組まざるを得ないので、2年コース・1年コースという長期間かつ高額なカリキュラムが基本となっています。

 もっとも、出題範囲をすべて網羅しないと合格できないのでしょうか?

 毎回一次試験後には問い合わせが殺到します。その中でもっとも多いのが
「私は○点だったが、1次合格しているでしょうか?」
という質問です。

 一次試験の合否は教養試験の点数だけでは決まりません。日本公法として言えるのはデータに基づいた結果だけです。すなわち、
「13点で最終合格する人もいれば30点以上で不合格の人もいる」
ということだけです。

 日本公法の得意とするところは、「最小限の努力で最大限の効果」です。

 教養試験は2時間(120分)で50問を解きます。
 さて、ここでみなさんは何点を目指しますか?
 もちろん、試験に向けて勉強しているときは満点を目指さなくてはなりませんが、実際の本試験の現場では何点を目指すかということは、戦略上非常に重要になってくるのです。

・満点(50点)をとることを目指すと、一問にかけられる時間は2.4分、一肢約30秒
・25点をとることを目指すと、一問にかけられる時間は4.8分、一肢約60秒

 すなわち、一肢にかけられる時間が倍も違うのです。このように“何点を目指すか”という目標設定次第で学習方法も必然的に異なってきます。

 これはあくまで一例ですが、日本公法の指導はこのように通常の予備校の講座とは異なる、「次回必ず最終合格する!」という視点から最小限の努力で最大限の効果を目指します。
 また、日本公法の特色である、元警視庁警察官でなければ教えられない本音・採点基準等も随時教えていきます。
 さらに近年比重が大きくなっているといわれる適性試験についても、そのベールに包まれた内実について秘訣を公開いたします!

【講座日程】

2019年3月
①5日(火):論文試験問題対策講座①・適性試験対策講座①
②7日(木):平成30年度第3回警視庁警察官(一類)採用教養試験問題解説(No.1〜9)
③12日(火):平成30年度第3回警視庁警察官(一類)採用教養試験問題解説(No.10〜19)
④14日(木):平成30年度第3回警視庁警察官(一類)採用教養試験問題解説(No.20〜25)
⑤19日(火):平成30年度第3回警視庁警察官(一類)採用教養試験問題解説(No.26〜33)
⑥22日(金) : 平成30年度第3回警視庁警察官(一類)採用教養試験問題解説(No.34〜42)
⑦26日(火):平成30年度第3回警視庁警察官(一類)採用教養試験問題解説(No.43〜50)
⑧28日(木):模擬面接講座①・論文試験問題対策講座②・適性試験対策講座②
2019年4月
⑨2日(火):模擬面接講座②・論文試験問題対策講座③・適性試験対策講座③
⑩4日(木):総復習(各自の学習の進捗状況に応じて、各講師が不足部分を補い総仕上げします)
各回16時〜19時(途中休憩有り)
※受講スケジュールは事前の予告なく変更することがあります。ご了承ください。

【講義内容】

・平成30年度第3回警視庁警察官(一類)採用教養試験の過去問全問解説講座
・論文添削講座
・模擬面接講座
・適性試験対策講座

【講義資料】

・平成30年度第3回警視庁警察官(一類)採用教養試験問題
・平成30年度第3回警視庁警察官(一類)採用論文試験問題
・警察官面接試験対策レジュメ

【専任講師】

美原義一(元警視庁警視正)、本多一明(元警視庁警視)、大脇耕文(日本公法代表取締役)、浅野陽介(日本公法専任講師)、杉田悠剛(日本公法専任講師)

【会場】

〒103−0013
東京都中央区日本橋人形町2-14-9三星ビル4F(「ほっともっと人形町2丁目店」正面向かいのビル4階です)
電話(03-3667-7621)
・東京メトロ半蔵門線「水天宮前駅」7番出口より徒歩3分
・東京メトロ日比谷線「人形町駅」A1番出口より徒歩5分
・都営浅草線「人形町駅」A3番出口より徒歩7分
・都営新宿線「浜町駅」A2番出口より徒歩7分
*申込み人数によって他の会場に変更する場合がございます。予めご了承ください。

地図

【受講料】

A:全10回コース:期間限定価格8万円(通常価格10万円)
B:全5回コース(お好きな回を5日分お選びください):期間限定価格4万円(通常価格5万円)
C:各回コース(お好きな回をお選びください):1万円

【お手続きとお申込後の流れ】 ※重要※

 弊社からのご案内はメールで行います。
 メール振り分けの設定を行っている場合は、「nihonkoho@proof.ocn.ne.jp」からのメールを受信できるよう設定の変更をお願いいたします。
 お申込み後、下記のメールが届かない場合は、お電話(03-3667-7621)にてご連絡下さい。

①お申込み
 お申込みは、下の「商品を選択してください」よりご希望のコースをお選びいただき、「所属名及びコード」欄にご希望のコースをご入力ください。
 入力例:『全5回コース』をご希望の場合、 [ B ]とご入力ください
 「ショッピングカートに入れる」をクリックし、案内にしたがってお申込みください。

②自動返信メールの送信
 お申込みが完了しますと、ご入力いただいた内容等が記載されたメール(自動返信)が送信されます。

③開催概要の送信
 その後、弊社より、受講日、時間等の開催概要を記載しましたメールをお送りします。
 記載内容のご確認をお願いいたします。

④ご受講
 受講日当日は、集合時間(16:00)までに会場にお越し下さい。

*お申込み順にお席が埋まりますので、できるだけお早めの申込みをおすすめいたします。


所属名及びコード:

ページのトップへ

現在のページ:HOME ≫ 商品一覧 ≫ 警視庁警察官(一類)教養試験対策講座(論文添削・模擬面接講座を含む)