日本公法とは

日本公法とは

wk1

 1971年、警察官昇任試験のための通信教育として月刊誌「公法研究」を発刊したのが日本公法の始まりです。警察官昇任試験対策に特化した雑誌は当時としては画期的であり、当初から大変な反響を呼びました。「1年学習1階級合格」という本誌のコンセプトはこの創刊号から現在まで首尾一貫して続いております。また、本誌の目玉である論文の無料添削も同じく創刊号から変わらぬサービスとしてご好評いただいております。 
1979年、多くの会員様のご要望にお応えすべくB5判からA5判に改訂し、翌年1980年には会員様の応募作品を広く募り、その中から「ベスト」という作品が選ばれ、創刊10周年を記念し月刊誌「ベスト」に改題致しました。

wk2

 1991年、読者の方々の従来からの「総合的な問題集が欲しい」という強いご要望に応えて、警視庁復元問題集を発行致しました。警視庁の昇任試験で出題された問題を厳密に復元したもので、昇任試験対策に不可欠との声をいただき、例年総計2万部を超えるベストセラー、現在シェアNo.1を誇るまでになっております。

また同年、全国の警察官の方々に向けては、膨大な量にのぼる全国の昇任試験過去問データから、日本公法が総力を挙げて頻出問題を分析・抽出した究極の問題集(現セレクト)を発行しました。

2002年には、昇任試験直前に受験生が効率的に学習する方法として、一問一答形式の問題集が最善であるとの考えから、警視庁版・全国版ともに一問一答問題集を発行しました。問題・解説ともに中心点だけを短く提示することにより、短時間で学習・記憶ができると好評をいただくに至りました。2011年からはさらなるコンパクト化により、持ち運びに便利で、どこでも学習することができるようになりました。

wk3

 その間、月刊誌ベストは30年近くに亘り、表紙や内容面の改善・改良を重ね、2011年、創刊40周年を機に編集陣を一層強化し、ホームページの開設とメールでの質疑応答の試行、論文無料添削の充実ほか、内容面の大幅な刷新を図るとともに、編集の効率化により思い切った価格改定(値下げ)を断行致しました。

 そして2012年、弊社の警察に関する豊富な知識・経験を生かし、警察官の昇任のみならず採用にも携わることとなりました。特に警視庁採用試験に主席面接官として1000人を優に超える志望者の面接を実際に担当した警察官OBによる模擬面接は非常に大きな反響を得ております。

 駆け足ですが、以上が日本公法の歴史でございます。今後も警察官の良き併走者、学ぶ警察官の友として、社員一同精進して参る所存であります。

ページのトップへ

現在のページ:HOME日本公法とは