警察官になるには? 警察官採用試験対策は日本公法

警察官になるためには

警察官採用試験は、都道府県ごとに行われており、受験資格・日程なども都道府県ごとに異なります。以下では大学卒の資格で警察官Ⅰ類・警察官A等の採用試験を受験する場合について解説します。

受験資格採用試験の流れ受験手続試験内容
各項目をクリックしていただくと、ページ内の掲載部分へジャンプします。

受験資格

1.学歴

警察官Ⅰ類や警察官Aの採用試験を受けるためには「大学卒業程度」であることが条件となります。この「大学卒業程度」とは、大学(学校教育法による)を卒業または平成25年3月までに大学を卒業見込みの者をさします。

2.年齢

以下は平成24年4月1日を基準とした都道府県ごとの年齢上限です。

都道府県名 年齢上限
北海道 32
青森県 32
岩手県 33
宮城県 33
秋田県 33
山形県 35
福島県 33
茨城県 29
栃木県 33
群馬県 30
埼玉県 30
千葉県 33
警視庁 30
神奈川県 30
新潟県 30
山梨県 30
都道府県名 年齢上限
長野県 30
静岡県 33
富山県 30
石川県 31
福井県 30
岐阜県 31
愛知県 30
三重県 32
滋賀県 30
京都府 30
大阪府 30
兵庫県 36
奈良県 29
和歌山県 32
鳥取県 33
島根県 33
都道府県名 年齢上限
岡山県 30
広島県 29
山口県 33
徳島県 30
香川県 30
愛媛県 30
高知県 30
福岡県 30
佐賀県 30
長崎県 30
熊本県 32
大分県 33
宮崎県 29
鹿児島県 31
沖縄県 29

3.身体要件

身体要件も都道府県ごとに異なりますが、おおむね以下のようになっています。

  身長 体重 胸囲 視力 色覚 聴力 その他
男性 160cm以上 47kg以上 78cm以上 両眼とも裸眼視力が0.6以上。または両眼とも矯正視力が1.0以上であること。 正常 正常 四肢や関節に職務遂行上、支障がないこと。
女性 155cm以上 45kg以上
ページのトップへ

採用試験の流れ

1.日程

 

警察官採用試験は一般的に右のような流れで行われ、一次試験の実施日は4月下旬実施の警視庁、5月上旬実施の道府県、7月上旬実施の県があります。試験日が重ならなければ他の都道府県と併願することも可能です。

また、都道府県によっては1年に複数回の採用試験が実施されています。特に警視庁では1年に3回の採用試験が実施(男性のみ)されています。

それぞれの都道府県の採用試験の出願期限と一次試験の日程は以下のとおりです。なお、受付期間の開始は出願期限の約2週間前であることが多いです。

  第一回試験 第二回試験
都道府県名 出願
期限
一次
試験日
出願
期限
一次
試験日
北海道 4/18 5/13 8/22 9/16
岩手県 5/31 7/8 × ×
宮城県 6/15 7/8 × ×
秋田県 5/31 7/7,8 × ×
山形県 6/18 7/8 × ×
福島県 6/1 7/8 × ×
茨城県 4/18 5/13 8/15 9/16
栃木県 4/20 5/13 8/31 9/16
群馬県 4/6 5/13 8/10 9/16
埼玉県 4/16 5/13 8/24 9/16
千葉県 4/23 5/13 8/13 9/16
警視庁※ 4/9 4/29 8/14 9/17
神奈川県 4/16 5/13 8/13 9/16
新潟県 4/12 5/13 8/16 9/16
山梨県 4/20 5/13 8/17 9/16
長野県 4/18 5/13 6/15 7/8
静岡県 4/6 5/13 8/3 9/16
富山県 6/8 7/8 8/24 9/16
石川県 6/13 7/8 × ×
福井県 6/11 7/7,8 × ×
岐阜県 4/20 5/13 × ×
愛知県 4/16 5/13 8/24 9/16
三重県 4/23 5/12,13 8/27 9/15,16
  第一回試験 第二回試験
都道府県名 出願
期限
一次
試験日
出願
期限
一次
試験日
滋賀県 4/20 5/13 8/31 9/16
京都府 4/13 5/13 8/17 9/16
大阪府 - 5/13 - 9/16
兵庫県 - 5/13 8/26 9/16
奈良県 4/6 5/13 8/17 9/16
和歌山県 - - 8/17 9/16
鳥取県 4/23 5/13 × ×
島根県 4/6 5/13 8/31 9/16
岡山県 4/16 5/13 8/22 9/16
広島県 4/11 5/13 8/24 9/16
山口県 4/13 5/13 8/24 9/16
徳島県 6/1 7/8 × ×
香川県 4/16 5/12,13 × ×
愛媛県 4/23 5/13 × ×
高知県 5/18 7/8 × ×
福岡県 4/23 5/13 8/27 9/16
佐賀県 3/23 5/13 6/1 7/8
長崎県 4/6 5/13 5/25 7/8
熊本県 5/25 7/8 × ×
大分県 4/20 5/13 8/24 10/14
宮崎県 5/25 7/8 × ×
鹿児島県 4/18 5/13 × ×
沖縄県 5/18 7/7,8 × ×

第三回試験の出願期限は12/10、一次試験日は1/13です

2.共同試験

男性の警察官採用試験の特徴として、共同試験という制度があります。これは、各都道府県が協力して採用試験を実施し、受験者がその中から志望都道府県を選択して併願できる制度で、下の図のような仕組みになっていす。

 

これは、例えばB県、C県、D県、E県と共同試験を実施するA県の試験を受けた場合に、B県も志望することを申込書に記入すれば、A・B両県を同時に受験するものとして取り扱われる、ということです。

ページのトップへ

受験手続

受験の手続きは、受験案内(募集要項)を入手することから始まります。入手方法は、各都道府県の人事委員会、警察本部警務課(東京都の場合は警視庁採用センター)、各警察署、交番、派出所のほか、大学の就職課などで直接手に入れる方法と、郵送で手に入れる方法があります。

また、それぞれの都道府県警察のウェブサイトからダウンロードすることができる場合もあります。

受験案内(募集要項)には申込み用紙が挟み込まれています。申込み用紙に所定の事項を記入し、期限までに提出すれば申込みは完了です。申込み用紙を郵送する場合には必ず簡易書留郵便で郵送しましょう。その際には、封筒の表に受験を希望する試験名を赤字で書くことも忘れないようにしましょう。

日程別の受験申込みスケジュール
  4月下旬実施の警視庁 5月上旬実施の道府県 7月上旬実施の県
受験案内配布開始 3月上旬 2月上旬以降 4月下旬以降
申込締切日 4月上旬 3月下旬から4月下旬 4月下旬から6月下旬
一次試験日 4月下旬の日曜日 5月上旬の日曜日 7月下旬の日曜日
ページのトップへ

試験内容

試験は、第1次試験と第2次試験に分かれています。その内容は、各都道府県によって若干異なっていますが、教養試験、論文試験、面接試験、適性検査、身体検査などは、どの都道府県でも実施されています。このうち、教養試験は第1次試験において、面接試験は第2次試験において行われることは全国共通です。その他の試験や検査が第1次試験と第2次試験のどちらで行われるのか都道府県によってまちまちです。なお、警視庁では別途、漢字の書き取り試験が実施されています。

1.教養試験

出題数および試験時間は、「50問・120分」あるいは「50問・150分」という都道府県が大半です。問題の内容は、「一般知識分野」と「一般知能分野」からなる教養試験のみのところが多く、5つの選択枝の中から正解を1つ選ぶ五枝択一式です。

出題内訳(平成24年度第1回警視庁)
  科目 問題数
社会科学 法学 4
政治経済 2
社会 5
社会科学合計 11
人文科学 日本史 2
世界史 2
地理 1
思想 0
文学・芸術 1
国語 2
英語 2
人文科学合計 10
自然科学 数学 1
物理 1
化学 1
生物 1
自然科学合計 4
一般知識合計 25
  科目 問題数
文章理解 英文 2
現代文 6
判断推理 8
数的処理 7
資料解釈 2
一般知識合計 25

2.論文試験

論文試験は、思考力、表現力、見識、文章構成力、適応性等をみるための課題式の筆記試験です。主に試験時間は60~90分で、字数は600~1200字程度です。

3.面接試験

面接試験では、教養試験や論文試験ではみることのできない人物像や人柄を評価します。面接のやり方は「個別面接」で、時間は20分前後のところが多いです。また、自治体によっては、個別面接に加えて「集団面接」や「集団討論」を実施するところもあります。

4.適性検査

適性検査は、警察官として職務執行上必要な素質や適正をみるものです。検査方式としては、クレペリン検査、Y-G検査、MMPI、SPI2などがあります。

5.身体検査・体力検査

身体検査の内容は、身長、体重、胸囲、視力、色覚、聴力の検査のほか、四肢関節検査などがあります。体力検査の内容は、肺活量、懸垂、垂直跳び、腹筋、腕立て伏せ、反復横跳びなどがあります。

体力検査の基準(福岡県警察の例)
  基準
検査種目 男性 女性
反復横跳び 20秒で50回以上 20秒で40回以上
上体起こし 30秒で25回以上 30秒で15回以上
立ち幅跳び 45cm以上 45cm以上
握力 左右平均45kg以上 左右平均25kg以上
腕立て伏せ 30回以上 15回以上
20mシャトルラン 65回以上 35回以上
ページのトップへ

現在のページ:HOME警察官になるためには